全ニュース一覧

iPhone8、8Plus、X のケース対応について(2017年11月時点の対応)

iPhone8については、現行のケース(型番:ASC-P7H)を、そのままご利用することが可能です。
ただし、Qiの充電機能は使えなくなりますので、当社のMagconnにて充電をしていただくことになります。

iPhone8Plusについては、現行のケース(型番:ASC-P7PH)を、一部を削る対応などでご使用になれます。
iPhone7Plusからマイクの部分が変更されたことによるもので

アスタリスクが、高精細RFタグ位置情報検索システムAsTagFinderの公開とSDK販売開始。RFタグとAsTagFinderで在庫管理は革命的に進化します。

iPhone/iPod touch 装着型RFID リーダーAsReader の製造元 株式会社アスタリスク(本社:大阪市、以下 アスタリスク)とUHF帯RFIDにおける位置特定技術研究開発のRFルーカス株式会社(本社:東京都渋谷区、以下 RFルーカス)は共同で、RFタグが貼付された商品の精細な位置情報を、水平方向及び距離と垂直位置の3D情報で特定するRFタグ位置情報検索システムの開発に成功しまし

AsReader GUN TYPE (ASR-250G)のiOS11への対応について

AsReaderGUNのiOS11の対応について社内で検証をしておりましたが、AsReader GUN TYPEとiOSデバイスとの間の通信が確立できない事象を確認しております。本現象は新iOSの内部仕様変更により、アプリがバックグラウンドに遷移しても通信セッションは切断されないままに保持されるようになったことが原因です。ただし、この変化はiOSの仕様変更かバグかは確認できていません。今後リリース

iOS11への対応について

AsReaderのiOS11の対応について社内で検証をしておりましたが、AsReaderとiOSデバイスとの間の通信が確立できない事象を確認しております。本事象については、Apple社でも本事象は確認され、iOS11.2にて解決される見込みとの報告を受けております。ただし、iOS11.2のリリース時期はまだ未定となっているため、弊社からiOS11対応の正式発表するまではiOS11に更新することを出

アスタリスクは、中国・深セン市に研究開発(R&D)技術センターを開設し、深セン市のRFIDタグメーカーとのアライアンスも開始しました。

IoT端末「AsReader」の製造元である株式会社アスタリスク(本社:大阪市淀川区、代表取締役社長:鈴木 規之、以下アスタリスク)は、ハードウェアの技術開拓を促進していくため、2017年10月に技術開発(R&D)センターを中国深セン市に開設いたしました。


 研究開発技術センター:大連明日星科技有限公司深セン分公司
            〒518057
            中国

1 2 3 4 5 6 7 8 9 13
記事のカテゴリー