全ニュース一覧

アスタリスクは、中国・深セン市に研究開発(R&D)技術センターを開設し、深セン市のRFIDタグメーカーとのアライアンスも開始しました。

IoT端末「AsReader」の製造元である株式会社アスタリスク(本社:大阪市淀川区、代表取締役社長:鈴木 規之、以下アスタリスク)は、ハードウェアの技術開拓を促進していくため、2017年10月に技術開発(R&D)センターを中国深セン市に開設いたしました。


 研究開発技術センター:大連明日星科技有限公司深セン分公司
            〒518057
            中国

ジャパンITウィークへの出展とIoT長距離通信(LPWA)であるLoRa(ローラ)への取り組みについて

株式会社アスタリスク(本社:大阪市淀川区、代表取締役社長:鈴木 規之)は
2017年11月8日〜10日に幕張メッセにて開催される2017 Japan IT WEEK【秋】に出展いたします。

 

当社では「IoT × AsReader」と題して、様々な展示会に出展して来ましたが、
今回は、この展示会の中でLoRa(ローラ)への取り組みについても発表いたします。
LoRaの

「AsReader」のアフターサービスを日本IBM全面的に引受け
― モバイル端末を利用したIoTの拡大を支える日本IBMの保守サービスで提携 ―

モバイルソリューションの株式会社アスタリスク(本社:大阪市淀川区、代表取締役:鈴木規之、以下 アスタリスク)は、スマホやタブレット端末に装着するだけでバーコード・リーダーやRFIDリーダーとして利用できるジャケット型製品「AsReader(アズリーダー)」のアフターサービスに、株式会社日本アイ・ビー・エム(本社:東京都中央区、代表取締役:エリー・キーナン、以下日本IBM)の「マネージド・ベンダー・

国際モダンホスピタルショウ2017に出展しました! 展示会場最奥の、小さな1小間ブースへ1,000名超もの皆様のご来訪に感謝!

ホスピタルショウAsReaderブース

7月12日(水)~14日(金)の3日間、東京ビッグサイトにて開催された「国際モダンホスピタルショウ2017」に出展しました。
今回は、約2年間で80病院を超える導入実績と、「日本初!」という三重大学医学部附属病院様の『AsReaderを使用してのRFIDによる3点照合』の事例を中心に、従来の電子カルテ連携によるバーコード3点照合(3点認証)展示デモ、バイタルデータの自動取得・電子カルテ入力を可能

国際モダンホスピタルショウ2017に出展します!

毎年恒例となってきましたが、今年も東京ビッグサイトで行われる国際モダンホスピタルショウ2017に出展します。
「健康・医療・福祉の未来をひらく~連携と地域包括ケアの充実を目指して~」をテーマに、約350社
が参加して、病院をはじめ、保健・医療・福祉分野における質の向上、充実に資する機器、製品、システム、サービスなどを幅広く扱う大規模な展示会です。

iPhone/iPod touchに装着

1 2 3 4 5 8
記事のカテゴリー