全ニュース一覧

自動認識のアスタリスクが自社の入出庫・在庫管理のRFID運用現場を大公開!RFID導入検討中の皆様の見学を受け付けます。

RFID・バーコードなどの自動認識機器メーカーのアスタリスクが、自社製品の入・出・在庫管理や生産物流の効率化を目的に、製品にICタグ(RFタグ)を貼り付け、生産物流業務にRFID運用を開始して、早や一年半が経過。
検証を兼ねた相当期間の運用実績を踏まえ、RFID導入検討中の皆様の一助になればと、RFIDシステムでの現場作業を公開することにいたしました。

「RFIDを使えば、入出荷検品や棚卸

画像認識による人検出と動体追跡技術の開発に成功。  ― 活用事例・画像認識連携の新レジシステムも考案 ―

IoT×AsReader=DXを標榜して、自動認識技術により、業務やビジネススキームそのものの変革を提唱している自動認識機器「AsReader」の製造元、株式会社アスタリスク(本社:大阪市淀川区、代表取締役社長:鈴木規之、以下 当社)は、独自の画像認識技術(以下、本件技術)による人追跡システムの開発に成功したことを発表いたします。

本件技術はカメラ映像内の全人物を検出し、その各人物をそれぞれ

第11回 Japan IT Week 秋に出展しました。3,000名を超えるお客様のご来訪に感謝します!

今年で11回目となった Japan IT Week 秋が、2020年10月28日~30日の3日間、幕張メッセで開催されました。
アスタリスクは、このコロナ禍の中だからこそ、自動認識技術によるDX(デジタルトランスフォーメーション)をご提案すべく、展示を行いました。
RFIDの新機種の紹介をはじめ、画像認識技術の紹介など新しい技術もDXを念頭に紹介させていただきました。



AsRea

AsReaderはiOS14を正式サポートします。

iOS14でのAsReaderの動作検証が完了しました。
株式会社アスタリスクは、AsReaderに於いてiOS14を正式サポートとします。

日本自動販売協会(JAMA)の本部賛助会員になりました!

株式会社アスタリスク(本社:大阪市淀川区、代表取締役社長:鈴木 規之、以下ASX)は2020年10月1日付で、日本自動販売協会(本部:東京都港区、代表理事:森 吉平、以下JAMA)に、本部賛助会員として入会いたしました。

JAMAは、日本国内唯一の自動販売オペレーターの全国団体として、「安心・安全な清涼飲料や食品などを消費者へ提供するために、自動販売機の適正な管理の推進を図るとともに、会員の

1 2 3 4 5 20
記事のカテゴリー