Asterisk社員の技術情報ブログ

「開発」に関する記事一覧

AsReader STRONG-Case 開発小話

こんにちは。

前に投稿したのがいつ振りかわからなくなっています。お久しぶりです、源野です。

いつものノリで少しばかり最近のトレンドを書きますが、
こないだ企業対抗駅伝の大阪大会に出ました。去年のタイムを超えるべく週2くらいで練習をしてましたが、
その時に、タイムを計るのと音楽を聴くためにスマホを持って走っていて、重くて仕方なかったのでGarminのランニングウォッチを購入しました。

RFIDの標準化について①

こんにちは。
大阪開発セクション 大城です。

少し続きものになりますが、RFIDのコード体系について記事を書こうと思います。

● 参考 JAISA UHF帯RFID標準コード体系ガイドライン ver1.3
https://www.jaisa.or.jp/pdfs/170531/002.pdf?v=1.3

JAISAの資料でRFID UHF帯のコード体系標準化というものがあり、

社員の健康管理のために

こんにちわ!大阪営業セクションの松田です。

今年は、花粉症の症状が激しく、
目、鼻、くしゃみ、咳、痒みと最悪の状態で、
営業回っています。

皆さんは如何でしょうか。

その影響か未だ医者には係っていませんが、
血圧が、通常110が150まで上昇しており、
ボロボロの日々を過ごしています。


で、健康と仕事とを結びつけるソリューションが当社にはあります。


A

RFID導入のポイント

東京開発の西川です。
RFIDを使った実証実験や実際の業務への導入が広がっていますね。

RFIDを導入すると、今まで商品をバーコード読取りや手で数えていた企業様にとっては
作業効率の向上が見込めるかと思います。
ただし、そのためには事前の調査や運用上の注意点などを入念に洗出して、潰しておくことが重要になります。

<タグの選定>
 RFタグは環境によって読取り性能が大きく変わって

広報悪戦苦闘譚 その②

13年ぶりの遅さで木枯らし1号が到来して(東京では遂に吹かぬままだそうですが)迎えた今年の冬。
暖冬を予感しながら過ごしていたら、先週末からいきなりの寒波です。
さすが大雪の初候、閉塞成冬(そらさむくふゆとなる)は伊達じゃないと、泥縄の冬支度を余儀なくされた広報の大橋です。
 
 
前回のブログでは、技術者中心の会社にあって、“ど”文系の集まりである広報の悲喜劇の一端

1 2 3
記事のカテゴリー