Asterisk社員の技術情報ブログ

「海外事情」に関する記事一覧

RFID海外事例

こんにちは!!
東京開発セクションの中村です。
いよいよ寒さが身にしみる季節が近づいて参りましたが、今日はとても暑かった頃の話を致します。

8月21日(金)に開催されたプライベートセミナーAC2020で、AsReader, Inc.(弊社の100%出資子会社である、アメリカの会社です)COO Paul Whitney(ポール ホイットニー)より、海外事例紹介をさせて頂きました。
お恥ず

コロナ渦におけるアメリカ国内の状況

海外とのやりとりを主に担当している黒木です。

アメリカでは2020年3月半ば以降次々に大きな街や地域がロックダウンされていきました。
2020年5月の後半には一部の地域で外出制限が解除されましたが、すぐに感染者数が増え、また再び制限がかけられたり一進一退の状況が続いています。

リテール系のお店が閉まっていたこともあり、それに付随する商談はすべて止まってしまっていましたが、2020年6

記事のカテゴリー