Asterisk社員の技術情報ブログ

iPhone12 miniとAsReader

最終更新日:2020年12月04日
カテゴリー:

東京開発のイツキです。

個人的な話ですが、iPhone 12 miniを買いました。
iPhone 7からの機種変更ですが、ほぼ違和感はありませんね。
PasumoがやっとモバイルPasumoになりました。。
長い道のりでした。

昔、iPhone5を使っていた頃に、同じ画面の大きさだけど薄い
iPod touch を見て「きっと将来この大きさのiPhoneが出るといいな。」
何て思ってましたが、その後、小さくなる事は無く、どんどん大きくなっていきました。

iPod touch の大きさならワイシャツの胸ポケットで違和感ないのにと思うのですが、、

2年前にiPad ProがコネクタにType-Cを採用されて以来、iPhoneもType-Cになるのではとの噂もありましたが、
iPhone 12ではLightningが継続されました。

これにより、iPhone 12でも無事AsReaderがLightning接続されます。
ただし、1点だけ注意事項がございます。

前述のiPhone 12 miniですが、縦に並んだカメラレンズの下側のレンズが
AsReaderを装着すると半分隠れてしまうようになりました。。

カメラ一つ一つも大きくなってますし、予想外ですね。
iPhone 12 miniだけの問題かと思いますので、あまり影響は無いかなと思います。
カメラが少し隠れるだけで、AsReader自体は問題なく使用できます。

バーコードならiPhone 12の高性能CPUを使ってCAMERA-Typeもいいですね。
元から超高速ですが、心なしか更に超々高速になっている気がします。

まだ5Gは試せていませんが、AsReaderで読み込んだデータを5Gでリアルタイム送信
なんて事も出来るのかなと考えると新しいプログラムの組み方も考えられそうですね。

記事のカテゴリー