株式会社アスタリスク

製品情報

AsReaderブログ

AsReaderのアプリ開発

カテゴリー:
最終更新日:2016年09月20日

こんにちは。
アスタリスク 大阪開発の大城です。

AsReaderを使ったiOSアプリって、どうやって開発しているの?と思う方もいらっしゃることでしょう。
今回は、スマートフォンとAsReaderのアプリ開発について簡単にお話したいと思います。
(iOSのプログラミングを全くご存知ない方には、「なんのこっちゃ?」かもしれません。
読み飛ばしていただいても結構です)

AsReaderは、アスタリスクがSDKを用意しています。
SDKを用いる事でDelegateメソッドを使用し、簡単にAsReaderを制御する事が出来ます。

RFIDはリーダーだけではなく、タグの知識も必要ですが
バーコードはそこまで苦労せずにアプリを開発する事が可能です。

まずは、下記URLからSDKをダンロード。
// AsReader Developer
https://developer.asreader.jp

XCodeでiOSのアプリのプロジェクトを作成し、ダウンロードしたファイルをインポート。
「ExternalAccessory.framework」もインポート。
「External accessory communiscation」にチェックを入れ、info.plistにAsReaderのIDを記載。

あとは、通常のXCodeでiOSのアプリ開発で行えると思います。

サンプルもありますので、是非1度、SDKを使用しAsReaderを用いたアプリの開発を体験して頂けると大変嬉しく思います。

 

 

〔注〕Delegateメソッド
あるオブジェクトの操作を一部他のオブジェクトに代替させる手法。
あるクラスから処理の一部を他のクラスに任せたり、
他のクラスへメッセージを送る等の目的でよく使われるデザインパターンの一つ。
デザインパターンはオブジェクト指向ソフトウェアを設計する際に繰り返し現れる経験的な要素を抽出したもので、効率の良いプログラミングをするためのテンプレート。

● Apple、Apple のロゴ、iPhone、iPod touchは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※iOS商標は、米国Ciscoのライセンスに基づき使用されています。
● Androidは、Google LLCの商標です。 ● Windowsは米国 Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標です。
●その他、各社の会社名、システム名、製品名などは、一般に各社の登録商標または商標です。 
当社サイト内に記載されている社名、製品名、サービス名及びサイト名には、必ずしも商標表示「®」「(TM)」を付記していません。
※iOSデバイスと接続して使用する当社製品は、MFi認証を取得しています。 ※ 形状・色など予告なく変更する場合があります。