株式会社アスタリスク

製品情報

AsReaderブログ

選択肢は色々 〜RFIDの開発案件〜

カテゴリー:
最終更新日:2021年03月26日

こんにちは。
大阪開発の水上です。

もう少しで4月です。
昨日、近所でも桜が咲き始めているのを見つけました。
どんどんと春が近づいてきているのを感じると、ワクワクします。
今日から聖火リレーもスタート、ということで、私も気持ち新たに頑張りたいです。

さて、今回は直近で携わったRFID関連の開発案件についてです。

RFID関連開発案件のご紹介

RFID関連開発案件のご紹介

WindowsPC、バーコードスキャナ、プリンタ(タグの書き込みと印字ができるもの)の機器構成で、
バーコード読取で入力した2種類の情報を元にタグの印字と書き込みを行うというアプリです。

このアプリで作成したタグがどのような使われ方をするかですが、
空のケースと一緒に出荷され、中身が入ったケースが返却された際の確認や倉庫保管中のケースを探す際に役立ちます。
最終的にケースの中身はお客様に返送され、その時点でタグは破棄されます。

このような形でタグと情報をアプリで紐付けるのではなく、
タグ自体に情報を持たせてしまうというパターンも可能です。

どのような形式が適しているかは、
どういった情報をどのように持たせたいか、
どのように運用されたいかによって選択肢は色々とございます。

何かのご参考になれば幸いです。

● Apple、Apple のロゴ、iPhone、iPod touchは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※iOS商標は、米国Ciscoのライセンスに基づき使用されています。
● Androidは、Google LLCの商標です。 ● Windowsは米国 Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標です。
●その他、各社の会社名、システム名、製品名などは、一般に各社の登録商標または商標です。 
当社サイト内に記載されている社名、製品名、サービス名及びサイト名には、必ずしも商標表示「®」「(TM)」を付記していません。
※iOSデバイスと接続して使用する当社製品は、MFi認証を取得しています。 ※ 形状・色など予告なく変更する場合があります。