AsReader製品サイト

English Site

検索

製品情報

AsReaderブログ

ゴールから考える行動について

カテゴリー:
最終更新日:2024年05月10日
ゴールから考える行動について

業務上の目的を達成するために、
大半の人が手前から考えてしまうのは何故なのか?
私生活で「〇〇時に△△へ集合」と言われたら、達成するために、どうやって考えるか?

私生活の時点で、手前から考えている場合は、考え方の訓練から必要になりますが、
無意識に踏んでいるステップでは、ゴールから考えているはずです。

手前から考えれば、行きつく先は伝言ゲームと同様に、少しずつズレが発生し、最終的には思わぬ方向に行きつく。
逆にゴールから考えれば、ズレる可能性が極めて少ないように考えます。

そのポイントの違いが発生していると、コミュニケーションロスが多発します。

登場人物
 ・Aさん(ゴールから考えている)土地勘あり
 ・Bさん(手前から考えている)土地勘なし

 ゴール(当初共有したゴール)
 ・日曜日の19時に大阪駅中央改札前へ集合
 
 ロス
  ・Bさん:17時に家を出ようと思いますが良いですか?
   →Aさんが分かるはずもない

  ・Bさん:17時に家を出ますが次は何をすればいいですか?
   →Aさんからすると自分で考えてほしい

  ・Bさん:路線Xと路線Yのどっちがいいですか?
   →Aさんからするとどっちでもいい

上記のように、会話の都度、ロスが発生します。
業務になる場合は、全てに一致するわけではありませんが、
 ・ゴールから考えているAさん
 ・手前から考えているBさん

この2名の会話は、ロスが多く、最後までAさんが管理しないと、目的地を見失う可能性まであります。

何事もゴールから考えることが重要であり、ビジネスにおける基礎となると考えます。

● Apple、Apple のロゴ、iPhone、iPod touchは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※iOS商標は、米国Ciscoのライセンスに基づき使用されています。
● Androidは、Google LLCの商標です。 ● Windowsは米国 Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標です。
● QRコードはデンソーウェーブの登録商標です。
●その他、各社の会社名、システム名、製品名などは、一般に各社の登録商標または商標です。 
当社サイト内に記載されている社名、製品名、サービス名及びサイト名には、必ずしも商標表示「®」「(TM)」を付記していません。
※iOSデバイスと接続して使用する当社製品は、MFi認証を取得しています。 ※ 形状・色など予告なく変更する場合があります。