NRF2019(米国・ニューヨーク)に出展しました!

最終更新日:2019年01月21日
カテゴリー:

【NRF2019 RETAIL’S BIG SHOW】
■2019年1月13日(日)~15日(火)
■Jacob K. Javits Convention Center(ニューヨーク市マンハッタン)
■公式サイト: https://nrfbigshow.nrf.com/

NRF2019 RETAIL’S BIG SHOW は、National Retail Federation(全米小売協会)が毎年1月にニューヨークはマンハッタンのジャヴィッツ・センターで開催する、世界でも最大級のリテールコンベンションです。小売業向けにリテールテクノロジーのベンダーやソリューションベンダー、リテールマーケティングやコンサルティング会社等が競って、明日の小売の最先端を提示する国際見本市で、北米のみならず欧州・アジアから、40,000人超の来場者がやってきます。
今年で101回目のプロポーズ・・・じゃなくて、108回目の開催となる歴史的なイベントでもあります。
(年齢がバレる、古いフレーズ遊びでスミマセンm(__)m )

私たちは今回、現地子会社「AsReader, Inc.」名で、リテールソリューションを全面に打ち出してAsReaderシリーズを展示。
世界初お披露目、1台にバーコードリーダーとRFIDリーダーを兼ね備えたPOSレジ専用のAsReader POS-Typeを筆頭に、CAMERA-Type、10m離れたバーコードを読み取るロングレンジバーコードリーダー、新型GUN-Typeといった新製品群、AsReader主力のDOCK-Type各種といったラインナップです。

アテンドメンバーはAsReader, Inc.のスタッフを中心に、日本からはアスタリスク社長の鈴木と東京事業部長・加藤、欧州でのAsReader販売拠点として昨年オランダに設立したAsReader Europe B.V.から村澤が応援に駆けつけました。

来場者へのアテンションゲッターを担う鈴木のマイクパフォーマンスはニューヨークでも絶好調で、日本国内の「超高速、超高速・・・」、中国での「非常快快快快快快快・・・」に引き続き、「very very very very very very ・・・fast!」の連呼はブース誘導インプレッション効果抜群!
我がブースへの来場者は3日間で優に1,500名を超え、いただいた名刺もほぼ1,000枚という盛況さで、恙無く展示会を終えることができました。

来場者である小売業者の方々の反応はといえば、やはりCAMERA-Typeのニーズの高さが際立ち、POS-TypeやRFID棚にも興味津々といった感じで、手応えをしっかりと感じた3日間でした。

記事のカテゴリー