世界最大級のリテール業界展示会EuroShopにAsReader Europe B.V. が出展しました!

最終更新日:2020年03月02日 17時41分
カテゴリー:

【EURO SHOP 2020】
■2020年02月16日 ~ 2020年02月20日
■メッセ・デュッセルドルフ(ドイツ・デュッセルドルフ)
■日本語公式サイト: https://euroshop.messe-dus.co.jp/home/

3年に1度、ドイツはデュッセルドルフのメッセ・デュッセルドルフで開催されるEuroShop。
流通業界にとっては世界でも1、2を争う最大級の専門展ですが、今年がこのEuroShopの開催年となりました。
昨年、アスタリスクの欧州子会社(AsReader Europe B.V.)が初出展したEuroCIS 2019 – Leading Trade Fair for Retail Technologyも今年はこの展示会に包含されるので、私たちも今年はEuroShopへの出展となりました。

展示面積127,000㎡(ちなみに東京ビッグサイトの東・西・南展示棟全16ホールの総展示面積が115,420㎡)という広大な会場に、60以上の国から2500社近くの出展者がブースを構え、5日間で140か国約12万人の来場者が訪れます。
当社は小売技術カテゴリーで、AsReader CAMERA-Type、RFID自動レジ一式(Wired BOX-Type、RFID Reading TUB、他)をメインに、定番のDOCK-Type全6機種、GUN-Type3機種(バーコード、RFID)とSTORONG-Case各種といったラインナップを展示。
社長の鈴木を筆頭に、AsReader Europe B.V.のスタッフ、米国から応援に駆け付けたAsReader, Inc.の1人を含め、総勢6人のアテンドメンバーで展示会に臨みました。

ブースのアテンションゲッターは、もちろん社長の鈴木。国内の展示会でもお馴染み「チョー早い!」を「Very Very Fast!!」にトランスレートして、AsReader CAMERA-Typeの高速読取デモ付近をうろつきながら、いつもながらに叫んで集客に勤しみました。

お蔭さまで約1,300人の方々にAsReaderブースへご来訪いただき、900名超の方々と名刺交換をさせていただきました。
AsReader CAMERA-Typeの高速読取デモのパフォーマンスは強力で、思わず立ち止まる方も多いのですが、実際に説明するとより関心を示されるのはRFID。
ヨーロッパ市場でも私たちのRFIDソリューションは活躍できる!と、強く感じることができた展示会となりました。

記事のカテゴリー