AsReader製品サイト

検索

製品情報

導入事例

公開日:2022.11.28

配送管理の導入事例

もう2台持ちはいらない! AsReader1台で全ての配送業務に対応!

SBS 即配サポート株式会社ロゴ

管理本部 経営管理部 システム管理課
課長 中島 新 様

管理本部 経営管理部 システム管理課 課長 中島 新 様

配送事業本部 即配事業部 品質管理課
松永 直也 様

配送事業本部 即配事業部 品質管理課 松永 直也 様

「即配事業」「環境事業」「KR( 什器製造と物流 ) 事業」の 3 つの柱で循環型社会の構築に貢献する SBS 即配サポート株式会社様。
これまでのハンディターミナルのリプレイスに際し、汎用性や拡張性、コストなど様々な観点から AsReader「ASR-A11DB」をご 採用くださいました。さらに、AsReader を置くだけで簡単に充電できるチャージングステーションをご導入いただき、最大一拠点 100 台を超える AsReader の効率的な管理・運用にお役立ていただいています。

導入:2022.10

■導入機種
> ASR-A11DB > Multiple Charging Station(チャージングステーション)

【インタビュー全文は以下】

取材日:2022.09.15

【導入担当様インタビュー】
管理本部 経営管理部 システム管理課
課長 中島 新 様

グループ企業での統一アプリケーションとして。
業務において ASR-A11DB をどのようにご使用しているかお聞かせください。
荷物の集荷の受け付け検品から持ち出しまで一連の業務を行うために、ASR-A11DB を導入させていただきました。 ドライバーが関わる一連の、特にバーコードを読取る全ての業務に関わっています。

ということは、ドライバーの方が 1 人 1 台持っているのですか?
はい。ほぼ全員のドライバーに、1 人 1 台持たせております。
AsReader のご導入までの流れに関して、ご導入前の従来の仕組み、そこにあった課題や問題点などをお聞かせ いただけますでしょうか。
今回導入に当たりまして方針が二つありました。一つはグループで統一のアプリケーションを使いましょうということ。
もう一つはラストワンマイル事業の BtoC 化というところに対応すべく、標準のアプリケーションを導入するということ です。それに合わせて AsReader を導入した次第でございます。
ということは、以前は各グループ企業で別のものを使っていたのですか? グループごとで別々のアプリケーションを使っていたことによる問題点などがございましたか。
はい。アプリケーションだけでなく、別々の機械を使っていました。
ただそこに現場として問題があったという認識はなかったです。そういったところから、導入に至ったというわけでは ありませんでしたが、事業拡張の流れの中で、アプリケーションの統一は必要不可欠だと感じており、統一のアプリ ケーションを導入するという方針に至りました。

今後の拡張性も考慮に入れると、スマートフォンを使った AsReader。

今後の拡張性も考慮に入れると、スマートフォンを使った AsReader。
アプリ導入の際の比較検討内容をお聞かせいただけますか。
導入するにあたっての比較のポイントは、「操作性」「バッテリー」「耐久性」「価格」「拡張性」という 5 つの観点で、 他社の機器とも比べた結果、今後の拡張性から考えてアスタリスク社のスキャンジャケットタイプの方を選定いたしま した。比較対象は主に専用業務端末でした。
やはり、後々の拡張性から考えて AsReader のスマホ+スキャンジャケットタイプの方を選定したというところが大き いです。

一括管理ができるチャージングステーション。
今回チャージングステーションも導入いただいていますが、こちらはいかがでしょうか?
チャージングステーションは、もう見た目で一括の管理ができるんですね。
番号を振られた端末が整理して並んで管理されているので、どの端末を誰が使っているか、というのはもう1 発でわ かります。例えば今日はこのドライバーが行っていない、という情報も、チャージングステーションを見ればわかりま す。そういった管理のしやすさも付加価値としてある、というところが良かった点ですね
SBS 即配サポート株式会社導入事例

【現場担当者様インタビュー】
配送事業本部 即配事業部 品質管理課
松永 直也 様

高い汎用性。スマホとしての機能も当然使える。
ASR-A11DB の使い始めの最初の印象と実際に使用してみての感想などをお聞かせいただけますか?
使用してみて改めて思ったのですが、手に馴染むフィット感であったり、UI であったりというところが、非常に使い易 いという印象です。
同時に使用しているポケットプリンターも含めて、今どの配送会社もこういった端末をスタンダードで使っているという こともあって、実際使用してみて、非常に使い易いというのが感想です。
バーコードを読取る一通りの業務で使われるとうかがいましたが、その業務中で特に良くなった点はありますか?
今までの端末は、あくまでもバーコードを読むことに特化していたので、他社端末とガラケー(携帯)をペアリング してデータ等を飛ばしていました。なので、案件情報などは、その端末の中でふり返ることは一切できませんでした。 それが、AsReader を使い始めてからは、スマホの中に案件を読み込んで、後からでもドライバー自身がふり返るこ とができるという点と、バーコードを読み込んだ後の、例えば宅配ボックスや置き配であれば、写真を撮る、加えて 宅配 BOX であれば、その設定した暗証番号を入力させるというプラスアルファの部分が叶っておりますので、そこが すごく現場にとっては良い点だと思っています。
スマホ 1 本で業務を完遂できるようになり、ドライバの作業工数の削減といった点でも非常に便利になっています。 汎用性も高く、ブラウザの使用、写真を撮るなどスマホとしての機能もかなり使っているのでその点も良かったと思 います。
チャージングステーションの導入で管理体制の向上に。
今回チャージングステーションも導入いただいていますが、こちらはいかがでしょうか?
業務効率が上がった面などありますか?
これまではやはり 2 台の端末を使用していたので、その保管場所であったり管理体制というのがかなり難しくて煩雑 になっておりましたが、今回導入したチャージングステーションを立てたことで、見た目的にもすごく見栄え良くすっ きりして管理もし易くなりましたし、清掃もすごくやり易くなりました。結果として管理体制がかなり向上しました。
今まではどのように管理をされていたのですか?
今までは、市販で買ってきたプラスチックケースなどを、各拠点ごとで自分たちなりに組み合わせて自作していたので すが、その置き場がすごくすっきりしました。
管理に関しましては、管理者に 1 人 1 台の番号がふられ、各個人に監督管理をさせている状態でしたので、各事業 所で個人個人でやり方が異なっておりました。
棚自体は拠点によって規模もありますので、その棚に並べる場所も拠点ごとに異なっていました。
それが、先ほどもお伝えしたように、見た目もすっきりし、管理もしやすくなりました。

一括管理ができるチャージングステーション。

さらなる進化に期待。
AsReader に今後に期待することや欲しい機能など、お聞かせいただけますでしょうか。
強いて言うなら、今でもすごくコンパクトだと思ってはいるのですけれども、スマホと組み合わせて、更に軽量化が 出来ればと思います。
今現在、これ一台で一連の業務ができるようになり、同時にスマホとしても使うことができているので、作業効率が 上がり非常に助かっています。これから更に、使いやすさをどこまで追求できるかに期待しています。
SBS 即配サポート 株式会社

SBS 即配サポート 株式会社

〒136-0075
東京都江東区新砂一丁目 5 番 29 号
https://www.sbs-sokuhaisupport.co.jp/
創業 / 1993 年 3 月
従業員数 / 599 名(うち正社員 380 名、2019 年 12 月末現在)

● Apple、Apple のロゴ、iPhone、iPod touchは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※iOS商標は、米国Ciscoのライセンスに基づき使用されています。
● Androidは、Google LLCの商標です。 ● Windowsは米国 Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標です。
● QRコードはデンソーウェーブの登録商標です。
●その他、各社の会社名、システム名、製品名などは、一般に各社の登録商標または商標です。 
当社サイト内に記載されている社名、製品名、サービス名及びサイト名には、必ずしも商標表示「®」「(TM)」を付記していません。
※iOSデバイスと接続して使用する当社製品は、MFi認証を取得しています。 ※ 形状・色など予告なく変更する場合があります。